読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobylogy

叩けシンプルの杖

エンジニア向け日頃の疲れを取るおすすめの入浴剤

エンジニア、肩や腰が凝りますよね。

温泉に行きたい…でも忙しくてなかなか行けない。 そんな方は入浴剤を使って毎日の疲れを取るのがおすすめです。

今回は、私が日頃から使っている入浴剤を紹介します。

温泉に行きたい方はこちらをどうぞ

blog.shoby.jp

おすすめ入浴剤

  • きき湯 マグネシウム炭酸湯
  • きき湯 FINE FEAT RESET
  • クナイプ グーテナハト バスソルト

きき湯 マグネシウム炭酸湯

私が一番愛用している入浴剤です。

主成分として、硫酸塩泉に含まれる硫酸マグネシウムが配合されており、炭酸ガスと合わせて血行が改善されます。

硫酸マグネシウム - Wikipedia

製造元のバスクリンは、温泉成分を科学的に分析して入浴剤に生かしており、きき湯シリーズはその最新商品です。

きき湯シリーズには温泉成分が含まれ、擬似的に温泉と同じ効能が得られます。

www.bathclin.co.jp

私は基本的に毎日この入浴剤を使っています。約600円で12回ほど使えるため、常用しても問題ない価格です。

入浴後は、1時間以上は体がポカポカして、使い始める前と比べると、肩こりや腰痛が大幅に改善されました。

きき湯 FINE FEAT RESET

きき湯ファインヒート レモングラスの香り 400g 入浴剤 (医薬部外品)

きき湯ファインヒート レモングラスの香り 400g 入浴剤 (医薬部外品)

きき湯シリーズのハイグレードモデルです。 おそらくアスリートなどの体を酷使する人のために開発されているように思えます。

主要な温泉成分はきき湯シリーズとほぼ同じですが、生姜の粉末が加えられています。

生姜には体を温める作用があり、漢方薬としても使われています。

takeda-kenko.jp

私はひどく疲れた場合や、日頃の疲れが溜まった時にこちらを使っています。

体のコリがかなり改善されるように思います。

クナイプ グーテナハト バスソルト

クナイプBソルトGN850

クナイプBソルトGN850

きき湯シリーズは入浴自体で肩こりや腰痛を改善するタイプですが、こちらは入浴後に安眠して体力を回復できるタイプです。

入浴によるリラックスを目的としており、特に温泉成分としての効能はありません。

クナイプシリーズは効能ではなく香りで選ぶと良いと思います。

入浴剤を使った時の入浴の仕方

温泉でもそうですが、入浴剤を使った場合、お風呂に浸かった後にシャワーで洗い流さずに出るようにしてください。

体の表面に残った温泉成分が入浴後も作用し、体を温め続けてくれます。

まとめ

なかなか温泉に行けない時は入浴剤がおすすめです。

きき湯シリーズは温泉成分が含まれ、擬似的に温泉と同じ効能が得られます。

きき湯 マグネシウム炭酸湯は日常の疲労回復に効き、 きき湯 FINE FEAT RESETは日頃の溜まった疲れに効きます。

また、クナイプはリラックスによる安眠が期待できます。