shobylogy

叩けシンプルの杖

不動産

不動産投資を行う際の分析手順

今回は事業として不動産投資を行うに当たり、実際の不動産を取得するまでにどのような手順で分析を進めるべきかをご紹介します。 基本的にはマクロからミクロへ、国->都道府県->エリア->相場->個別物件の順で分析を行います。 国・都道府県・エリア・個別物…

【不動産エリア分析】政府統計から駅の乗降客数を取得する

今回は、不動産の分析において重要となる駅の乗降客数を政府統計から取得する方法をご紹介します。 駅徒歩10分以内の人口等を取得する場合はこちらの記事をご参照ください。 blog.shoby.jp 駅の乗降客数が示すもの 駅の乗降客数の調べ方 まとめ 駅の乗降客数…

【不動産エリア分析】駅徒歩10分以内エリアのポテンシャルを測る

今回は、事業として不動産を調達していく上で欠かせないエリア分析の方法をご紹介します。 具体例として、駅徒歩10分エリアのポテンシャルを測り、どの駅近辺の物件を獲得するべきかの判断をするケースを想定します。 不動産エリア分析とは 商圏分析 商圏分…

政府統計から市区町村ごとの空室率を出す

不動産の分析において重要なのが空室率です。 空室率を見ることで、そのエリアの不動産の需給バランスが適切かどうかを判定することができます。 今回は、住宅・土地統計調査という政府の統計データから、市区町村ごとの空室率を出す方法をご紹介します。 住…

不動産データを抱えるレインズとは何か

前回、不動産テックのためのデータはどこにあるのかを調査したところ、レインズというサービスが出てきました。 今回は、多くの不動産データを抱えるレインズというサービスについて調べた結果をお伝えします。 レインズとは レインズのデータについて レイ…

不動産テックのためのデータセットはどこにあるのか

近年、不動産テックといった文脈で「不動産ビッグデータ」や「不動産AI」といった話をよく聞きます。 とは言え、そんな分析に使えるデータセットはどこにあるのでしょうか。 結論としては「都合の良いデータセットはない」という話になってしまうのですが、…

不動産価格推定サービスと精度まとめ

近年、USで不動産価格推定サービスが盛り上がっているおかげで、日本でも不動産テックや不動産価格推定といった言葉をよく聞くようになりました。 個人的に気になったため、巷でよく聞く不動産価格推定サービスの推定精度をまとめました。 海外 Zillow https…