読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobylogy

叩けシンプルの杖

サンフランシスコで身の危険を感じたので、歩いてる所が危なかったら教えてくれるアプリを作った

こんにちは。shobyです。 WWDCでサンフランシスコに初滞在だったのですが、治安の悪い道に迷い込んでしまい、身の危険を感じることがありました。*1

catatsuyさんの記事が有名ですが、サンフランシスコは案外危険です。一本道を間違えると途端に治安が悪い箇所に入り込んでしまうこともあります。 黒人集団に襲われて in San Francisco - catatsuy's Blog

自分の身を守るために、歩いてる所が危なかったら教えてくれるアプリを作りました。アメリカ国内のみ対応しています。WWDCからの帰国時などにお使いください。

github.com

コンセプト

「守ろう命」がコンセプトです。何かあってからでは遅いです。

とりあえず、この辺りを満たすべく作りました。

  • 危険を事前に避けられる
  • 携帯を取り出さなくても済む(盗まれないように)
  • 知らない所に迷い込んじゃっても逃げられる

機能紹介

歩いている所の治安が良くなかった場合、通知を飛ばしてくれます。 治安が悪い所で携帯を取り出すのは危ないので*2、ポケットに入れたままで使えるようにしています。 携帯が通知でブルブル震えたら、真っ先に来た道を戻るか、急いで大通りに出てUberを使いましょう。

使用感

帰りに使ってみたのですが、ショッピングモールを歩いているだけでブルブル通知が来て、気が引き締まりました。 守ろう命。

実装の詳細

SpotCrimeというサービスの内部APIを勝手に叩いてデータを取ってきています。 現在地の徒歩5分圏内(400m以内)で3件以上犯罪発生データがあった場合、LocalNotificationを発生させています。 Watchには対応していませんが、通知だけはWatchでも見れるはずです。

まとめ

サンフランシスコで身の危険を感じたため、アプリを作って危険を回避できるようにしました。 何かあってからでは遅いので、危ない所に入ったらすぐ逃げましょう。

*1:WWDCのランチに飽きたので、ふらっと歩いて中華料理屋さんに向かったら、道の両脇をタバコをくわえたガタイの良い黒人の兄ちゃんに挟まれた

*2:さっと盗まれる