読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobylogy

叩けシンプルの杖

愛情駆動開発とサービスの良し悪しについて

良いサービスを作る方法論は数多くあるが、一番大事なのは、そのサービスにどれだけ愛情を込められたか、その一点だと信じている。

そのサービスの可能性をどれだけ信じられるか、どれだけ夢を語れるかが、最終的に良いサービスを作る決め手となる。

愛情を込めてサービス作れてますか?

自分の作るサービスを、自分の仕事を、自分をもっと愛そう。