読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shobylogy

叩けシンプルの杖

uberPOOLを使ってみた

せっかくのサンフランシスコに来たので、日本ではまだ使えないuberPOOLを使ってみた。

概要

  • uberPOOLとは
  • 良い点
  • 悪い点

uberPOOLとは

uberの相乗りサービス。 目的地が近い人とuberを相乗りすることにより、通常料金の約半額で乗ることができる。

サンフランシスコ市内の移動ではuberPOOLを選択することができる。

良い点

何と言っても安い! $15ほど掛かる距離でも、$7程度でuberに乗れる。

サンフランシスコは治安の悪い地域もあり、そんな地域はバスや電車を利用するのも少し怖い。 そんな時、お財布に優しくuberに乗れるのは大変ありがたい。

また、暇な乗車中に、相乗りした人とコミュニケーションを取れるのも良い。

今回はWWDC期間中だったためか、偶然エンジニアの人と相乗りになって、話が弾むこともあった。 (woopraというサービスのCEOだった。お互いのサービスを紹介し合って、営業じゃなくてプロダクトの質で勝負したいよねーとか話してた)

悪い点

特にこれと言って悪い点はなかった。しいて挙げるなら、利用できるエリアが限られていることと、相乗りする相手をピックアップするので、若干到着が遅いことぐらい。 サンフランシスコ市内であれば、ほぼ問題なく、快適に使えた。

まとめ

日本ではまだ使えないuberPOOLを試してみた。 お財布に優しく安全なuberに乗れる上、運が良ければ面白い出会いも生まれる素敵なサービスだった。